It is the sample sentences.
Please change to arbitrary sentences.
The size of the background image is 570px×150px.

TOP > 相続

相続

人生において誰もが経験する事・・・それは、親しい人との別れです。
ご自分の旦那様・奥様、ご両親やご兄弟だと悲しみはいっそうです。

そんな悲しみの中でもしなければならない手続等が発生してしまいます。

死亡届(7日以内)を提出しなければならないですし、お葬式を挙げて、
亡くなった方の名義になっているものの名義変更手続、財産の相続に関わる手続もしなければいけません。

でも大変ですよね。ただでさえ心が痛んでるときですから・・・。

そんな場面でも行政書士は、お力になる事ができます!

■相続開始( 亡くなった瞬間から)

■遺言書の有無の確認
○自筆証書遺言だった場合
見つけて、封印のあるものをそのまま開封してしまうと・・・
⇒5万円以下の過料に処せられます

この場合、家庭裁判所で検認手続が必要になります。

何故検認が必要?
⇒遺言書の偽造・変造を防ぐためです。
※また遺言書を故意に、隠したり破棄すると相続欠格として相続権を失うこともあります。

■相続放棄・限定相続する場合は、家庭裁判所に申し立てる。

■相続人で遺産分割協議をします。その内容を協議書にします。
いわゆる、遺産分割協議書です。

■遺言で自分に相続分がないとされていた場合でも、
亡くなった方の配偶者・子供なら相続できる可能性があります。(遺留分)

■民法で決まっている相続人とその相続分について
相続人になる可能性のある者。
・亡くなった者(以下、被相続人)の旦那又は嫁(以下、配偶者)は、常に相続人となる。
・被相続人の子
・被相続人の直系尊属(親、祖父母)
・被相続人の兄弟姉妹

ただし、全員がなるわけではありません。
前述の通り、配偶者は常に相続人。
あとは、それぞれ順位があり、第1順位が子。第2順位は親。そして第3順位が兄弟姉妹。

相続人 相続分
配偶者のみ 全部
配偶者
各2分の1
配偶者
3分の2
3分の1
配偶者
兄弟姉妹
4分の3
4分の1
ページトップへ
あかり行政書士法人TOP
Copyright (C) あかり行政書士法人 All Rights Reserved.